Hatena::Grouptopcoder

shinichiro_hの日記

2009-09-12

Code Jam Round 1B

03:46

今回は社員枠がひっそりとあるらしいのでひっそりと参加。

Decision Tree

Small/Large: OK

適当に。 S 式パーサ欲しいから LISP 系…とか一瞬考えたけどまぁいいやと C++ で。解けた。問題読むのと S 式パーサ書いてる感じで時間がほぼ終わった。 lexical_cast くらいは使えばいいよなぁと思った。

The Next Number

Small: OK (4 wrong try), Large: wrong

問題を壮大に勘違いするのを繰り返す。実は next_permutation すればほぼ終わる問題だった。 Small 解けるのを先に書いといたら良かったなぁ。あとブラウザのキャッシュだかなんだか知らんけど正答に達してからも Incorrect って言われて、問題の間違った解釈とかも繰り返した。間違った解釈する前のバージョンに戻して出力ファイル名変えたら通った。

Large 通ってないっぽい。あるえー。ぎゃーこれ入力 long long より多いのかー。くだらねー。

Square Math

Small: OK, Large: TLE

適当に書いても Small は通るだろうと適当に幅優先探索を書く。適当に通った。でも Large はムリだろうなーと適当に最適化を考える。

あんま思いつかんかったのと Small の雰囲気的に結構 Large 通っちゃうかも…とか期待して Large 開けてみる。うーん進むけど時間足りない感があるなぁ…ということで困る。

2つ思いついたのは、 test case 一個の中で、一回一回たどるのをやり直すんじゃなくて、まとめてやっちゃえばいいじゃんねー(当たりまえじゃーん)というのと、 +9+9+9+... みたいなの多いんだから、 +9 連打モードに入れそうなら適当に処理とかいうの。

後者エンバグしそうだったので前者。しかし 8 分では実装がムリだったー。

結果できた物体100秒で終わってたのでまぁできてたんじゃないかなぁ。メモリがどっか漏れてるぽいのでメモリ使用が 100% 近く行くひどいありさまだった。

感想

換算すると1102位の位置。ダメだにゃー。 37 度という微熱は言い訳としては弱い。

メモリ解放とかめんどくさいので、 test case を分割しておいて各問題をプロセスにふるものを作れば良いと思った。ついでにプロセス複数使うようにすれば高速化もできるしねー。

JakaJaka 2012/11/15 07:06 At last some rationality in our litlte debate.

oaypsboaypsb 2012/11/17 05:04 xdPQ2B , [url=http://bpclalakwown.com/]bpclalakwown[/url], [link=http://loojoessjexf.com/]loojoessjexf[/link], http://wksvvcgpmdxy.com/

cfptljzcfptljz 2012/11/17 12:06 5NZtUT <a href="http://kfwjguyrpkfs.com/">kfwjguyrpkfs</a>

mtwncbsmtwncbs 2012/11/17 21:38 9zcv04 , [url=http://ckppsqftnjzz.com/]ckppsqftnjzz[/url], [link=http://qpawkcbmiqie.com/]qpawkcbmiqie[/link], http://nbfcxnauvgfm.com/

ゲスト



トラックバック - http://topcoder.g.hatena.ne.jp/shinichiro_h/20090912