Hatena::Grouptopcoder

prosho奮闘記 RSSフィード

2011-09-24

Codeforces #88

06:31 | はてなブックマーク - Codeforces #88 - prosho奮闘記

結果:oxxxx 1453->1559

Aは416pt. BはSystem TestでTLE. CはPretestでTLE.

Bを見なおして着実に取ってれば上位20%にいれたかと思うと悔しい。

一発で正解が書けるかどうかが実力なんですけどね。。。

それにしても上位十傑は本当にどういう頭の回転をしてるんだw

今回、今の自分のしょぼさの原因はアルゴリズム云々よりも、

単純に実装力の無さだとわかって一歩前進した。

まずは着実に思ったことを実装できる基礎力を身につけよう。

欲張らずに、解ける問題を着実に解くのが肝要ですね。

追記:

やっぱり、Pythonは計算時間的に不利っぽいです。

117BをPythonで書いてTLEしなかった方は是非とも教えていただきたいです。

Pythonは数値計算がC系に比べて遅いのだろうか?

C++で書いて通るコードを参考に、同じ物をPythonで書いたら(↓のコード)通りませんでした。

なので、数値計算が多く計算時間が怪しい問題は、C++でこれから書くようにしないと・・・orz

文字列処理の問題とかはPythonをお勧めしますが。

これからPythonで参加しようとしている方はご注意を。

import sys

def solve():
    a, b, mod = map(int, sys.stdin.readline().split())
    for i in xrange(1, mod):
        if i > a: break
        if (mod-(i*10**9)%mod) % mod > b:
            return "1 %09d" % i
    return "2"
    
print solve()

追記の追記:上記の問題点を解決してそうな、Cythonなる言語があるそうです。これが使用可になる日はくるのか...?(いや、来ないなw)